スノーピーク 焚火台M + 炭床S + ユニフレーム ヘビーロストル

IMG_7402

Snow Peakの焚火台Mを買ったよーという話を先日したんですが、焚火台の装備をアップデートしました。

 

これが僕の焚火台Mに対する回答です。

・スノーピーク 焚火台M

・スノーピーク 炭床S

・ユニフレーム ヘビーロストル

このセットが上の写真です。

 

スノーピークの中の人は焚火台を調理に使うなら、グリルブリッジとか買ってね、という話なのですが、僕の焚火台の利用目的から考えると荷物増えるだけじゃないのか、と思ってこのセットにしました。

その利用目的というのは、

・焚火台は基本的に焚火をするもので、BBQグリルとして使うことはあまりない。(けど使いたいときもあるかも)

・焚火でお湯沸かしたり、スキレットやダッチオーブンを熱したりしたい。

です。

 

なぜ炭床Mじゃなくて炭床Sなのか。炭床は炭の床として売っているもので、焚き火に使うものではないからです。焚き火目的では焚火台Mに炭床Mでは底が高くなりすぎる。ネットで調べてても焚火台Mに炭床Sを使っている人が多そうな感じです。

本格的にBBQグリルとして使うなら、炭床M+グリルブリッジがベストでしょう。見た目も良い。

 

炭床は鋳鉄製なのでけっこう重くて、ただのステンレスの網でいいんじゃないかとも思いましたが、着火剤を置く場所があったりと便利なので炭床にしました。

焚火台Mに炭床Sを乗せた様子がこれ↓

IMG_7399

焚火台の器になっている部分の高さの真ん中あたりで炭床が収まる感じ。

思っていたよりは上の方で止まっているな、という印象です。

 

で、次に焚火台にユニフレームのヘビーロストルを乗せる。

ネットでの事前情報ではジャストサイズという声をよく聞いてて、実際は言うほどでもないやろーと思っていたのですが。

IMG_7401

本当にジャストサイズ。四隅全てこんな感じです。

そうそう簡単にはズレないくらいです。

 

週末のキャンプ(朝霧JAM)でこれで本当にうまくいくか確認してきます。

炭床とヘビーロストルのあいだが思っていたほど広くないのが不安材料ですが、多分大丈夫と思っています。

 

シングルバーナー2つでツーバーナー

R0012731 (1)

 

同じキャンプサイトでキャンプしてる人たちを見てると、あーツーバーナーあるとキャンプっぽくていいなぁとか思ってました。

2泊くらいキャンプするときはツーバーナーあるといいよなぁとか。

 

でも、いざツーバーナー買うつもりでちゃんと考えてみよう!と考えてみると、ツーバーナー買うよりそれなりのシングルバーナー2つ買ったほうがいいよなって結論に、何度考えてもなる。
Continue reading

Nalgeneのボトルが最近うちでどんどん増えてる

Untitled-1

外でコーヒー飲むためにコーヒー豆を入れるためのボトル。

パスタを入れるためのボトル。

スキレットやダッチオーブンで使う油を入れるためのボトル。

と、ここ2ヶ月くらいで3本も買った。

安くはないけど高くもない。でもなんか所有感みたいのがある謎のボトル、ナルゲン。
Continue reading