BBQにおける「炭」考

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0Share on Tumblr0Email this to someone

charcoals
・炭に火をつけるのに手を煩わせたくない。

・炭の追加はあんまりしたくない。

・火力は強く。

・灰はあまり出てほしくない。

こんな希望に応えてくれる炭ってなんだろうと考え調べた結果、次のような結論が出ました。

 

【パターン1】BBQするだけで2,3時間炭が持てばOKな場合

会社の先輩のオススメ炭、「岩手切炭」です。

こないだ使ってみましたが、火のつきも悪くないし、火力は強いし、普通にBBQするだけならこの炭を持っていけば問題ないです。

良くないところといえば、値段がちょっと高め(6kgで2000-2500円くらい(送料込み))、長持ちするわけではない(すぐ燃え尽きるようなことはないですが)、それなりに灰が出る、くらいかな。

なかなかいい炭です。

 

【パターン2】キャンプとかでBBQしたあとも長い時間火がほしい

オガ炭+安い炭(着火用)です。

オガ炭は火がつきにくいという声が多いですが、火おこし器の下に安い炭を置いて着火してから、オガ炭をのせて放置しておくとちゃんと火がつきます。

火がすごく長持ちするし、安いです(10kgで2000円くらい(送料込み))。

火力も十分ですが、岩手切炭と比べると弱い感じがしました。(炭によるとも思う)

 

オガ炭は品質の安定感に欠けるようには思いますが、しばらくはこんな感じで炭運用していこうと思います。

一応、下に僕が炭に火付けするときの前提条件を書いておきます。

 

【前提条件】

・火おこし器(チャコスタ)を使う。

会社の先輩にオススメされて買ったんですが、これなしでは考えられないくらい便利です。うちわとか必要ない。ただ放置するだけで火がつく。

 

 

 

・着火剤を使う。

固形の着火剤しか使ったことないですが、着火剤で困ったことないです。百均で売ってるようなのでも別に問題ないです。

 

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です